脱毛で痛みが強い部位は?ランキングから検証してみた

脱毛する部位によって異なる「痛み」のランキングをご紹介します。脱毛といえば「痛い!」というイメージを持っている方が多いのでは。もちろん、それは合っているのですが、部位によっては、異なるものなのですよ。

脱毛の痛みが強い部位とは?

脱毛の痛みが強い部位を知ることで、「ここは自分で脱毛処理をしよう」「ここはサロンに頼んでみよう」というように、分けることができますよね。お財布にも優しいと言えるでしょう。だから、脱毛の痛みが強い部位を知ることは大切なことです。

ランキング上位にあがる痛い部位

脱毛の中でも、「この部位が特に痛い!」という声が多かったものをご紹介。ランキングにすることで、これから脱毛を始める方には参考になるのではないでしょうか?

デリケートゾーン

痛みを1番感じやすいのは、デリケートゾーン。特にIライン・Oラインは痛みを強く感じるのだそうです。なぜならば、Iラインの毛質は比較的、固くて太い毛なのです。よって、レーザーや光を照射した時の刺激はほかの部位よりも強く感じると言われています。デリケートゾーンは「歯を食いしばって脱毛した」という声もあるようですね。

ほとんどの方が経験しているであろう、「脇」の脱毛。「それほど痛くなかった」という人もいえば、「かなり痛かった!」など痛みには、個人差があるようです。毛が密集しているのはもちろん、一本一本の毛が濃い部分。なので痛みを感じやすいと言われています。ただ、脇に使用する光脱毛は決して我慢できないレベルの痛みではないと言われているそうですよ。

特にスカートをはくときは、膝がチラッと見えることでしょう。できることなら、ムダ毛を処理しておきたいものですよね。ゴムでパチッと弾いたかのような痛み。なので一瞬だけ、痛みを感じますが我慢できないほどの痛みではありません。中には1回目は痛みを感じたけれども、2回目以降は、痛みを感じなかったなんていう声もあるようですね。

膝はカミソリの処理などでも対応できますが、ずっとその処理をしていると、膝部分の皮膚が荒れる可能性も…。お金に余裕があるのなら、膝も脱毛を取り入れてみましょう。

おしり

お尻の中でも特に痛みを感じるのは、Oライン。Oラインというのはお尻の穴周りのことを指します。「そんなところ、処理する人なんているの?」という声もあるようですね。Oラインはデリケートゾーンにも入りますので、自分での処理は避けたいところ。

こちらも痛みを感じる方もいたり、いなかったりと、個人差があるようですね。

「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2種類で比較すると、レーザー脱毛は痛いそうです。しかし効果はしっかり出るようですので、痛みに耐えられる人はレーザー脱毛を選ぶ方が多いのだとか。特に顔の中でも、ヒゲ脱毛は痛いそう。なぜならば、顔の中でももっとも濃い毛であるから。

顔は1番人に見られるパーツなので、脱毛後のケアが絶対に必要です。そして敏感な部分でもありますので、脱毛を取り入れてみても痛みを感じるのであれば、脱毛を中止することも大切です。

脱毛が痛い理由

脱毛の中でも部位ごとに、痛みは異なるもの。それは理解したものの、なぜ脱毛自体が痛いのか理由が気になるところですね。

太く濃い毛が密集している部位は皮ふが柔らかいため

特にデリケートゾーンに言えることですが、この部位は毛が濃く、太いのです。ここは、皮膚自体が柔らかいため、少しの衝撃でも痛みを感じやすいと言われています。名前の通りデリケートな部分ではありますので、脱毛をした後のケアもとても大事になるようです。

医療脱毛は熱で毛根を焼くため痛くなりやすい

医療脱毛は毛根を熱で焼きます。こうすることで、毛の一部分だけではなく、毛全体をしっかり脱毛することができるのです。これがレーザー脱毛と言われるものですね。もちろん、皮膚自体を焼くことはありませんが、毛根に刺激になるので、若干皮膚にも刺激が走ってしまうのでしょうね。

脱毛サロンで行うほうが痛みを感じにくい

医療脱毛よりも、脱毛サロンで行う脱毛ケアの方が、痛みを感じにくいそうです。しかし、永久的に脱毛できるとは言えないので、数年後にはまた毛が生えてくることも…。完全に毛自体をなくしたい方は、医療脱毛がオススメですが、何年後かに、毛が生えてもいいという方は、脱毛サロンで行いましょう。

普段から保湿ケアをしっかりすることで予防

脱毛後の肌は、いつもよりもかなり敏感になっています。そのため、保湿ケアをしっかり行うことが大事です。もちろん、脱毛後だけではなく、普段からしっかり肌のケアを行うことを心がけましょう。

痛みには個人差が

脱毛する部位によって異なる「痛み」のランキングをご紹介しました。確かに脱毛時の痛みはとても怖いですが、ツルツルな肌を手に入れるためには、必要なことですね。ムダ毛のない肌にするためにも、痛みに耐えることが大事なのではないでしょうか。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です